つかってみんしゃいよか石けんは乾燥肌の人でも使えますか?

多くの女性が間違ったエイジングケアをしているのはご存知でしょうか?


もう間違ったエイジングケアでお金を時間を無駄にするのは止めにしませんか?


実は正しいエイジングケアは1日10分自宅で簡単なストレッチをするだけでいいんです。


たったそれだけで体の内側から肌が綺麗になって、20歳も若返ることができるのです。


衝撃のビフォーアフターをご確認下さい。




※リニューアル前の「つかってみんしゃいよか石けん」を紹介しています。

つかってみんしゃいよか石けんは乾燥肌の人でも使えますか?



長寿の里 つかってみんしゃいよか石けんの最安値はコチラ♪

 

つかってみんしゃいよか石けんは、
超微粒子シラスパウダーを主成分にしています。

 

だから、毛穴に詰まった汚れを泡が吸着して落とすので、
とても優しいのにスッキリと洗い上げます。

 

練り石鹸なので、最初はちょっとだけ使いにくいと感じたものの、
慣れると今までの石鹸より使いやすいと感じます。

 

付属の泡立てネットを使うと、
弾力があるけど柔らかいマシュマロみたいな泡になります。

 

泡は時間が経ってもヘタることなく、
そのままなのでゆっくりと泡洗顔と泡パックができます。

 

ただし、乾燥肌の人には、ちょっとだけ洗浄力が強いと
感じることがあるようです。

 

この場合は泡パックをせずに、
泡洗顔だけにしておくといいですね。

 

洗う時も、顔全体に泡を馴染ませ
クルクルと軽くマッサージをしたら、
すぐに洗い流すといいでしょう。

 

シラスパウダーは超微粒子のパウダーにして配合しているので、
毛穴の奥の汚れも吸着して落とします。

 

そのため、乾燥肌の人が長目にパックすると、
ちょっと強すぎると感じることもあるようです。

 

私はニキビ肌なので、つかってみんしゃいよか石けんを顔に馴染ませ、
そのまま体を洗い一緒に洗い流すようにしています。

 

このおかげでニキビも出来にくくなっているので、
私には合っているみたいです。

 

体を洗っている間も泡はヘタれることなく、
もっちりと顔に吸い付いています。

 

一応皮膚が薄く乾燥しやすい目元と口元はパックを避けていますので、
乾燥も気にならず肌の状態も良いです。

 

肌質によって、洗う時間を変えてみるといいかもしれませんね。

 

 



長寿の里 つかってみんしゃいよか石けんの最安値はコチラ♪